HOME ⁄  ビジネスプランコンテスト

ビジネスプランコンテスト

第7回ビジネスプランコンテスト

大阪府では、経済・社会の新陳代謝を促し、大阪経済の持続的な成長を実現するため、将来の大阪経済を担う有望な起業家を発掘し、その成長を着実に支援する事業「大阪起業家スタートアッパー」を実施します。

そこで、今後の活躍が期待できるビジネスアイデアを持つ起業家を発掘する場として、ビジネスプランコンテストを開催致します。大阪府内での起業による事業展開を進めるビジネスプランで、そのプランの実現が、大阪府内の経済活性化に寄与することを期待しています。

  • 支援実施までの流れ

    Step1大阪府内の有望な起業家の発掘

    官民の推薦機関が開催する創業支援プログラム等受講者の中から、推薦機関担当者の推薦による応募で、プランを募集します。

    Step2スタートアッパー認定起業家の選考

    1. 事務局審査(10件程度がビジネスプランコンテストに進出)
    2. ビジネスプランコンテストの開催

    書類審査とプレゼンテーション審査の両方にて審査。
    5者以内で受賞者を決定

    Step3認定された起業家への支援

    • 目標達成型補助金を3年間(100万円/年を上限)支給
    • 専属の担当コンサルタント等が継続的にサポート
    • 事業成長に必要な経営資源獲得のためのアドバイスやマッチング機会の提供
    • 起業家・経営者を繋ぐ交流会の開催

    受賞者へのハンズオン支援

    (1)資金サポート

    目標達成型補助金を3年間(100万円/年を上限)支給します。
    ※今後3年間の事業計画に基づき、当該年度の経営目標を達成したことを確認した上で交付します。

    (2)2年間の事業サポート

    1. 担当コンサルタント等による、継続的なアドバイスサポート

      1社ごとに1名のコンサルタント等が担当となって、継続的にアドバイスを行います。
      経営相談だけでなく、必要なサポートをコーディネートしてマッチングを行うなど、事業成長のためのサポートを継続的に行います。

    2. マーケティング・販路開拓・PRサポート
      • スタートアッパーWebサイトでの紹介
      • 報道資料の作成や記者会見運営などのPRサポート
      • 販路開拓や共同開発のためのマッチング先企業の紹介
    3. 起業家・経営者との交流サポート

      同じ志を持つ起業家や、メンターとなる経営者と出会う場として交流会を開催。
      受賞者には優先的にご案内します。

    サポーター賞

    ビジネスプランコンテスト出場者には、ハンズオン支援の受賞の他、サポーターによるサポーター賞の提供もあります。

    サポーター賞の一覧はこちら

  • 応募対象者

    (1)のいずれかに該当する法人又は個人で、(2)のいずれかに該当する方のうち、(3)の定める推薦を得られる方を対象とします。

    (1) 対象法人等

    1. 中小企業信用保険法第2条第1項に規定する中小企業者(詳細はこちら(PDFにリンクします)
    2. 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律に基づいて設立された一般社団法人及び一般財団法人
    3. 有限責任事業組合契約に関する法律第2条に基づき設立された有限責任事業組合
    4. 特定非営利活動促進法第2条第2項に基づき設立された特定非営利活動法人

    (2) 年数等

    1. 大阪府内で起業しようとするもの(開業又は法人設立の申告において、本店の所在地が大阪府内であること)
    2. 大阪府内の事業者で創業後5年程度以内のもの
    • 但し、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に規定する風俗営業又は性風俗特殊営業に該当する事業を営むものを除きます
    • 大阪府暴力団排除条例施行規則第3条各号に掲げる者を除きます
    • 応募者の現住所は、大阪府内・府外は問いません

    (3) 推薦

    推薦機関は、次のいずれかに該当し、推薦した起業家を継続的に支援する意思があることを要件とします。

    1. ビジネスプランコンテスト実施機関
    2. 創業セミナー等実施機関(商工会・商工会議所、インキュベーション施設などの創業支援機関、又は創業者の輩出・成長に実績をあげている創業支援機関)
    3. 起業家教育を行っている大学等の教育機関(起業支援を行っている組織がある、又は講義等を実施している大学等)
    • 推薦機関の目利きを活用して、一次選抜を行います
    • 実施機関の所在地は、大阪府内・府外は問いません

    応募方法

    ビジネスプランを持つ起業家の方へ

    大阪府では、今後の活躍が期待できるビジネスプランを持つ起業家に対し、立ち上げから成長までのスタートアップ期を支援するために、支援対象者を決めるビジネスプランコンテストを開催します。
    ぜひ、支援によって着実な成長とさらなる飛躍を目指すビジネスプランを持つ起業家のご応募をお待ちしております。

    出場には、推薦機関が実施するビジネスプランコンテスト、または、創業セミナー等の受講者のうち、推薦機関の担当者からの推薦を受けた方が対象となります。応募を希望される方は、今までご利用になったことがある推薦機関又は最寄りの推薦機関にご相談下さい。

    応募書類

    ビジネスプランの応募にあたっては、推薦機関の推薦する担当者が、次のとおり、大阪起業家スタートアッパー運営事務局あてに添付メールにて送付してください。

    ※電子メールで送ることができない場合は、データをCD-Rに入れて郵送し、お電話にてご一報ください。

    提出方法

    1. 応募部門の選択

      『地域需要創出型』(地域密着型のビジネスプランで、 主に、産業競争力強化法に基づく創業支援事業計画による創業支援を受けた方)と、『グローバル成長型』(今後の市場として「全国」または「海外」を目指しているビジネスプラン)の2部門に分けて推薦を受け付けます。
      いずれかの部門を選択の上、推薦してください(一つのビジネスプランを両部門に推薦することはできません)。

    2. 提出書類

      下記の2つをセットにして、推薦機関の推薦する担当者が応募してください。

      • 注1 )これらの応募書類は、受賞者に対する補助金申請時の添付資料となります。
        十分に計画を立てた上で、作成してください。
      • 注2 )書類選考を通過された場合、応募者プレゼン研修及びビジネスプランコンテストへの出場が条件となりますので、予め実施スケジュールのご確認をお願い致します。

    応募先(事務局)

    大阪起業家スタートアッパー運営事務局
    E-mail:
    担当:松原
    ※こちらのアドレスは、応募専用アドレスとなっております。お問合わせ先は、となっておりますので、ご注意ください。
    住所
    〒541-0053
    大阪府大阪市中央区本町1丁目1番3号本町橋西ビル501号
    公益財団法人大阪市都市型産業振興センター内
    TEL:06-6271-0277(平日 午前10時~午後17時まで)

    留意事項

    1.応募書類の提出にあたって
    1. 応募プランの知的所有権については、提案者に帰属します。ただし、特許・実用新案、企業秘密やノウハウなどの情報の法的保護については、提案者の責任において対策を講じた上で、一般に公表しても差し支えない範囲で応募ください。
    2. 審査結果発表後においても、応募資格の違反、盗作や虚偽の事実等が判明した場合は、受賞や補助金の交付決定の取消を命じる場合があります。
    3. サポーター賞の選定において、サポーター賞の提供元となる企業・組織・団体(以下「サポーター」という。)から要望があった場合には、応募書類を事務局より共有致します。
    4. 提出いただいた皆様の個人情報は、法令に定めのある場合やご本人が同意している場合(上記(3)を含む)を除き、目的外利用することや第三者に提供することはありません。
    2.書類選考結果について

    書類審査の結果は、推薦機関担当者及び応募者の両方にメール又は電話にてお伝え致します。

    3.出場者について
    1. 書類審査を通過された場合(以下、出場者という)は、12月9日(金)13:00~17:00のプレゼン研修(会場:大阪産業創造館)の参加が必須条件となります。
    2. 出場者は、2017年1月19日(木)のビジネスプランコンテスト会場でのプレゼンテーション審査に出場して頂く事になります。午前中から準備がありますので、終日の予定をお願い致します。
    3. ビジネスプランコンテストのプレゼンテーション審査にあたっては、来場者投票を実施しますので、来場者向けの検討資料として、事業サマリー(A4 一枚)とプロフィールの執筆をお願いすることとなります。
  • 第7回実施スケジュール

    (1)募集

    2016年9月23日(金)~2016年11月21日(月)正午必着

    • 応募にあたっては、推薦機関からの推薦が必要となります。
    • 選考会を通過した場合、プレゼン研修とビジネスプランコンテストに参加頂くことが条件です。

    (2)事務局による選考会

    推薦機関から受け付けたビジネスプランについて、新規性・革新性、市場性・競争優位性、製品・サービスの将来性、経営資源及び創業者の資質、社会貢献性といった観点から書類審査を行い、10件程度を選出。その結果を、運営事務局から推薦機関と応募者あてに通知します。結果通知は、11月30日以降を予定しています。

    (3)プレゼン研修

    2016年12月9日(金)13時~17時 大阪産業創造館内会議室

    ビジネスプランコンテスト出場に向けて、プレゼンテーションに必要な知識等について研修を行います。
    さらに、個別にプレゼン資料作成にあたってのブラッシュアップ指導も行います。

    ※後日、出場者紹介文の執筆と来場者に配布する事業サマリー及び事業PR(各A4一枚)の作成をして頂きますので、予めご了承ください。

    (4)ビジネスプランコンテストによる審査会

    2017年1月19日(木) 大阪産業創造館4Fイベントホール

    選考会にて通過したプランは、審査員によって書類審査とプレゼンテーション審査を行います。
    また、来場者も会場で投票に参加できる公開審査にて受賞者を決定。

    • 12:30 受付開始
    • 13:00 開会

    (5)受賞者への支援

    受賞者はスタートアッパー認定起業家として2年間のハンズオン支援と、目標達成型補助金 ※が3年間(100万円/年を上限・補助率1/2)支給されます。

    (1)目標達成型補助金の支給
    1. 補助対象経費や注意事項は、別表(PDFにリンクします)をご覧ください。
    2. 補助対象期間
      • 1年目【スタートアップ補助金】平成29年4月1日~平成30年3月31日
      • 2年目 【目標達成型補助金】平成30年4月1日~平成31年3月31日
      • 3年目 【目標達成型補助金】平成31年4月1日~平成32年3月31日

      ※1年目については、スタートアップのための初期投資として概算払い。
      2年目以降については、経営目標の達成の確認後、精算払い。

    3. 補助金の交付の条件
      1. 申請時に未創業の場合は、交付決定日の翌日から起算して1年以内に創業すること。
      2. 補助金の申請時に提出した事業計画を基に、年度毎に設定した経営目標(売上等)を達成すること。ただし、初年度についてはこの限りではありません。

      ※応募書類の「売上計画内訳書」が、受賞者に対する目標達成型補助金の目標設定の根拠になります。十分に計画を立てた上で、作成してください。

      ※受賞者は、補助事業が完了した日が属する年度の終了後5年間は大阪府内に主たる事業所を設置し、企業活動を行うよう努めてください。

    (2)2年間の事業サポート

    起業経験者や企業経営者等による1対1の指導・助言を、1者あたり月1回以上(ただし、ハンズオン支援開始から6ヶ月間以内に限り、受賞者からの要請があれば月2回以上)行います。

  • よくあるご質問

    応募について

    Q.応募にあたって推薦機関の推薦が必要となっていますが、まだどこの支援機関のプログラムも利用したことがありません。その場合、推薦機関からの推薦は受けられないのでしょうか?

    A.プログラム等の利用なしに推薦だけを受けることはできません。

    この事業の目的は、継続的に支援することで、立ち上げから成長までをサポートし、大阪を代表する企業に成長していただくことを期待しております。

    そのため、応募時点で、既に推薦機関となる支援機関の担当者と繋がりがあり、且つその担当者が支援したい起業家として推薦頂くことで、ある一定のビジネスプランの評価と継続的な支援を行うことを目的としております。

    推薦機関一覧と実施プログラムはこちらをご参照ください。

    Q.応募フォームの他に、説明資料を別途送付してもいいですか?

    A.応募用紙以外の添付書類は受付致しておりません。応募フォームにて、各項目に記載する内容によって枠が多少拡大縮小しても構いませんので、できる限り応募フォームの書式内にて記載をお願い致します。
    また、応募フォーム内に、必要に応じて図や画像を挿入して表現頂いても構いません。

    Q.資金計画を掲載する項目の中に運転資金がありますが、ここには人件費を入れてもよいでしょうか?

    A.個人事業、法人の場合ともに経営者(本人)の人件費を含めることとします。税法上、個人の場合、経営者の人件費を入れませんが、計画を立てる上では、収支バランスを明確にするためです。

    Q.推薦機関の届出をしているが、創業セミナー等受講者よりも優秀なビジネスプランがあり、推薦機関の目利きとして、そちらを推薦したいと考えているが可能ですか?

    A.「起業支援機関の目利きを活用して有望起業家を発掘する」という事業スキームから、推薦機関の目利きを尊重します。推薦書類の様式2とは別用紙に、

    1. 推薦機関の目利きにより、このプランがセミナー受講者等よりも優秀であると考える理由
    2. 今後開催する創業セミナー等を通じて、継続的に支援する旨

    を記載して、推薦してください。

    Q.様式2の事業計画書 Ⅳ財務計画(数値計画)について3期分の事業年度をどのように記入すればよいですか?

    A.創業後の場合、当期を含め、各々の事業年度に合わせた計画を立ててください。創業前の場合、創業するまでの準備期間を初年度とし、創業後2年間の計画を立ててください。
    ただし、受賞者に対する補助金の申請においては、事業年度の設定が上記と異なる場合があります。

    Q.他の助成金をこれから申請しようとしているが、こちらも応募してよいか?

    A.ビジネスプランの応募と、補助金の申請は別とお考えください。今回のビジネスプランコンテストの受賞者に対する補助金の対象経費は、他の補助金で充当した経費を除き対象経費にする予定です。
    ただし、補助金により規定が異なりますので、それぞれの要綱・規定等を予めご確認ください。

    Q.個人事業から会社へと法人成り(法人化)した場合、年数の応募要件「大阪府内の事業者で創業後5年程度以内のもの」はどのように考えればよいでしょうか?

    A.個人事業として創業した時点を基準とし、個人事業の期間と会社の期間を合算した年数でお考えください。

    Q.ハンズオン支援ではどんなサポートをしてもらえるのでしょうか?

    A.売上目標を達成し、補助金が獲得できるよう伴走をするイメージです。 具体的には、アクションプランに沿った進捗確認のための面談を月1回行い、必要に応じて、経営課題改善についての経営コンサルタント等からの助言や販路拡大やネットワーク拡大等のためのマッチングの機会の提供、適切な支援メニュー等の情報提供などを行います。