HOME ⁄ 大阪の起業家 ⁄ 専門的な美容皮膚改善と習い事システムを融合したエステティック事業

大阪の起業家

専門的な美容皮膚改善と習い事システムを融合したエステティック事業

2015/07/10

CEサロンA-Rush 代表

長浜 章子氏

エステサロンで、リーズナブル且つクオリティの高いフェイシャルエステを通して、女性の悩む肌トラブルを、美容皮膚的根拠を持って改善へと導きます。また女性が自身では研究し習得し得ないお肌のお手入れ方法、メークの仕方などを「習い事システム」を通して伝え、女性が更に美しくなることを通し、活き活きと元気に輝けるよう、自発的に成長できるよう育むサロンとして日頃疲れきっている主婦層をターゲットに広げていきます。

起業家紹介

長浜 章子(ながはま あきこ)  CEサロン A-Rush 代表

1985年10月9日生まれ

2009年立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋マネジメント学科 卒業

2009年3月 株式会社 シャンソン化粧品入社

2012年10月 株式会社 シャンソン化粧品退社

2012年11月 株式会社 シャンソン化粧品特約店契約

2015年2月 CEサロンA-Rush 開店

起業のきっかけ

20歳の時に肌トラブルを抱え百貨店の化粧品売り場へ駆け込んだことから、化粧品業界に興味を持ち始め、B to CではなくB to Bの仕事をしたいと思い、シャンソン化粧品に入社しました。

会社と特約店契約を結んでいるサロンオーナーの皆様とビジネスパートナーとして、経営的運営を伝え疑似体験をしてきました。営業インストラクターとして3年7ヶ月担当していた約70箇所のサロンの運営に携わった経験に加え、商品の優秀性には自信があり70年の歴史あるシャンソン化粧品の商品で、経営していくことを決めました。

起業までの道のり

結婚を機に退社し、オーナー契約、嫁ぎ先で自身の人脈が無い環境で、自宅でなく店舗を構えました。スタッフからの人脈展開でお客様を広げていくために媒体を使用しスタッフを募集育成、展開に臨みました。現在はスタッフ3名と、136名のお客様と共に素敵な時間を共有しております。

今後の思い

「永続的に」美しくしていくためには、女性がエステティックサロンに通いやすいクオリティの高さと低価格のギャップ、短時間、来店頻度、使用化粧品の効果と結果を網羅していきます。

「エステ」という言葉に程遠い、普段子育てに追われて「女性になる」時間が取れない30~40代の主婦も通えるサロン展開、また、転勤族が多く地域とのつながりが薄い為人間関係が希薄になりがちな豊中市でのサロン展開で、人と人とがつながる楽しさを感じて頂き、美容を通して女性がより元気に活発化していく地域社会貢献をしていきたいです。サロンに通うことができなくなっても、培ってきたつながりは化粧品を通し、「一回のお客様を一生のお客様へ」人と人との心を大切に、一歩一歩着実に、大阪府豊中市で綺麗の輪を拡げていきます。

支援機関名

豊中商工会議所