HOME ⁄ 大阪の起業家 ⁄ ハイレベルな英語教育を行うインターナショナル・アフタースクール『ハウマイツ・スクール』の運営

大阪の起業家

ハイレベルな英語教育を行うインターナショナル・アフタースクール『ハウマイツ・スクール』の運営

2017/12/18

株式会社プライメッジ 代表取締役

本部 剛氏

放課後に世界最先端の教育を。

ハウマイツ・スクールは、ハイレベルな英語力、革新的創造力、非認知スキルを育てる
小学生向けのインターナショナル・アフタースクールです。
英語は4技能のうち、日本において最も習得が難しいSpeakingに力を入れています。
プログラミングなどのSTEM教育、リーダーシップやコミュニケーション力などの非認知スキルを育てるプログラムを実施しています。
2016年に開校し、2018年には4校に拡大します。

HPURL:http://howmights.com/

 

起業家紹介

本部 剛(もとべ つよし) 株式会社プライメッジ 代表取締役

フランスから帰国後、スポーツウエアのデザイナー、メーカーでの新規事業開発を経て独立。
その後、web事業の立ち上げと運営を行いました。
妻と共に5歳と2歳の娘をバイリンガルに育てています。
2016年 ハウマイツ・スクールを開校
2013年 グロービス・ベンチャー・チャレンジ特別賞受賞
2012年 株式会社プライメッジ設立
2011年 独立
グロービス経営大学院MBA(経営学修士)

 

起業のきっかけ

現在5歳の自分の娘のために、このスクールを作りました。
娘はバイリンガルに育っていて、現在インターナショナルの幼稚園に行っていますが、卒業後は日本語の小学校に行く予定です。
日本語の小学校に行くと英語の能力が落ちてしまうのを危惧していましたが、有効な解決方法が当時はありませんでした。
また、当時、子供の創造性を伸ばす教育についても大きな関心を持っていました。
そこで、英語の学習と創造性教育を両立するための方法として、小学生の放課後に長時間滞在する民間学童という方式を利用して、インターナショナルの幼稚園卒業レベルを中心としたハイレベルなインターナショナル・アフタースクールを作る事を発案しました。

 

起業までの道のり

独立したのは6年前で、独立当時はノープラン・ノーマネーでした。
独立後からは、様々な事業の立ち上げを行いました。今も稼働しているものもあれば、売却したもの、閉鎖したものもあります。
このような経験を事業に活かしていきたいと思っております。

 

今後の思い

どうすれば、世界を変えることができるでしょうか。
その最も効率的な方法は、イノベイターをたくさん生み出す事。そしてその鍵は「幼少期の教育」だと考えています。
ハウマイツ・スクールは将来のイノベイターを多く輩出することをミッションにしています。そのため、展開地域を拡大し、たくさんの子供たちに我々のスクールに参加してもらいたいと考えています。
また、今後、高学年向けの高度な教育プログラムの開発を進め、高等教育につながる世界レベルのエデュケーション・パスを作ります。

 

支援機関名

学校法人グロービス経営大学院