HOME ⁄ 大阪の起業家 ⁄ 誰もがワーケーションできる世界を!観光再生・働き方改革・地方創生を実現するワーケーション事業の展開

大阪の起業家

誰もがワーケーションできる世界を!観光再生・働き方改革・地方創生を実現するワーケーション事業の展開

2021/11/29

株式会社IKETEL 代表取締役社長

松本 栄祐氏

観光再生、働き方改革、地方創成等々の観点から、With/Afterコロナにおいて注目されるワーケーション(Work+Vacationからなる造語)ですが、現状その普及率は1割程度に留まっています。
本事業では、代表本人のワーケーション実体験と科学・人間環境工学に基づくオフィスデザインのノウハウを活かして、主に全国の宿泊施設を対象に、ワーケーションの環境整備~運営業務までを一貫して支援するコンサルティング&フランチャイズサービスを提供し、ワーケーション実施の第一歩をサポートします。
安心快適なワーク環境、プロモーションやコンテンツづくりを含む継続支援、導入の安さ手軽さを強みに、2026年までに、国内50拠点展開、ワーケーション普及率50%をめざします。
誰もがワーケーションをできる環境と文化をつくり、ワーケーションの普及を通して、観光再生と持続可能な地域・社会の未来を実現します!

HP:https://www.iketel.co.jp/

起業家紹介

松本 栄祐(まつもと えいすけ) 株式会社IKETEL 代表取締役社長
2015年 3月 北海道大学 工学部 環境社会工学科 卒
2017年 3月 東京大学大学院 新領域創成科学 環境システム学専攻 卒
環境工学を専攻し、地球環境問題や環境浄化技術等について学ぶ
日本全国47都道府県、世界5大陸渡航
2017年 4月 ダイキン工業株式会社 入社 (空調生産本部 商品開発グループに配属)
空調機/換気機器の設計・商品開発や、未来のオフィス空間創出プロジェクト等を担当
2021年 6月 ダイキン工業株式会社 退社
2021年 7月 日本全国をワーケーション行脚、和歌山県白浜町にてワーケーションのホストを経験
2021年 9月 株式会社IKETELを創業 ワーケーション事業を立ち上げ、今に至る

起業のきっかけ

元々、旅行や観光が大好きだったこともあり、昨今の新型コロナにより大打撃を受けたお宿やお店を助けたいと思ったことが本事業に取り組み始めたきっかけです。
また、会社員時代には、自分を含め、多くの人がワーケーションのような自由な働き方ができていないという現状があり、それを変えたいと思ったこと、退職して実際にワーケーションをやってみてQOLが大きく向上する経験をしたことなどがあります。そして、事業としても、上述した前職の経験やこれまでに築いた人脈が活かせることに加え、ワーケーションにはニーズや社会的意義も多く、まだない多様な働き方・働く場所をつくり、もっと普及させることで、世の中に大きく貢献したいと思い、本事業を立ち上げました。

 

起業までの道のり

始めは1人だったところから、アイデアと想いだけで協力してくれるメンバーを募り、会社を立ち上げました。
サービス開発やイベントでの登壇等の活動を続ける中で、応援して下さる方、自治体や企業の方々との繋がりが少しずつ広がっていき、今ようやく実証実験の実施、サービスリリースの具体的な目途が立ってきました。

 

今後の思い

本事業は、地域や社会、そして、関連する多くの方々にとってプラスの価値を生む社会的意義の大きい事業です。
まだまだ立ち上がったばかりで、実績作りもこれからではありますが、旅行・観光業のコロナからの復興と持続可能な地域・社会の実現をめざして、全身全霊でワーケーションの普及に取り組みます!何卒宜しくお願いいたします!

支援機関名

大阪商工会議所