HOME ⁄ 大阪の起業家 ⁄ 愛犬とのペア服をオーダーメイド販売する犬服ネットショップ『inun(アイヌーン)』

大阪の起業家

愛犬とのペア服をオーダーメイド販売する犬服ネットショップ『inun(アイヌーン)』

2017/07/11

Room#35 代表

奥野 美鈴氏

「皆さんは犬の笑顔を見たことがありますか?」犬と飼い主の「ペア服」をつくっています。初めてミシンを触ったのは3歳のころ。事務員気取りの犬がいた実家の縫製工場が、私の遊び場でした。大好きな曾祖母の口癖は「お手は宝」。幼少時代、学生時代、そして成人し様々な職を経験しましたが、常に「ものづくり」は私にとって身近な存在でした。先日新しい家族として愛犬「ハナ」を迎え、曾祖母を思い出しながらハナの服をつくってみました。着せてみると家族みんなが笑顔。その笑顔を見たハナも喜びはしゃいでいました。全ての愛犬とその家族の笑顔を増やしたい。そんな想いで今日もミシンを踏んでいます。

事業内容
・犬服と飼い主の大人服をペアでオーダーメイド販売
・犬服と飼い主の大人服をペアで作れるキット(布地と型紙、付属品)の販売
・犬服と飼い主の大人服を作る洋裁教室の開催

HP:http://room35miico.wixsite.com/room35

 

起業家紹介

奥野 美鈴(おくの みすず)
幼少より実家の縫製工場で製品作りと共に生活をする(愛媛県今治市)
平成 7年3月 大谷女子大学児童教育学科卒業
平成22年7 月 茨木市へ転居
平成23年12月 出張ハンドメイド教室講師(雑貨店)スタート
平成26年7月 ハンドメイド洋裁教室「Room#35」開業
平成27年5月 ロハスフェスタ大使就任
平成29年1月 犬服「inun」アイヌーンを立ち上げる

 

起業のきっかけ

愛犬ハナを家族に迎えてから、愛犬家の集い(オフ会)に参加するようになりました。子どもがいない方、子どもがすでに独立してしまった方、独身の方等々。さまざまな方と交流する機会を持ちました。ある時ハナと私でペア服を着て参加しました。「おそろい可愛いね」と声をかけていただき、「一人でも多くの愛犬とその家族にペア服で笑顔を!」というアイデアが閃きました。思い立ったら即実行!犬服のネットショップ「inun」アイヌーンを立ち上げました。縫製工場である実家譲りの技術と、今まで洋裁教室として継続してきた洋裁技術、縫い子となる地域の受講者の存在を組み合わせ、活用することで事業化を考え、今回の「愛犬とその家族のペア服の製造販売」での起業を決意しました。

 

起業までの道のり

縫製工場の娘で幼少より服作りの環境で育つ
→手づくりをする事が日常になっていた
→手づくりの服、レザーの雑貨など身につけている物を見て雑貨屋オーナーより講師依頼を頂いたのがきっかけで教える事がスタート
→手づくりの楽しさを伝える教室を主宰する
→犬服のネットショップ「inun」アイヌーンをオープン
→インスタグラムに載せると作ってほしいと注文がはいりだした
→注文が多くなってきて、一人の製作ではご注文いただいた方を大変お待たせする事になってきた
→ミシンの技術を伝えてきた洋裁教室の生徒さんにお手伝をお願いし始める

今後の思い

・犬服inun(アイヌーン)の認知度を上げブランド化したい
・愛犬との、服を通じて幸せなライフスタイルの提案
・手づくり作家さんの人材育成をする事で、経済的な自立化のお手伝い
・洋裁教室を通じて、地域の高齢者の生きがいと認知症予防にも貢献したい

 

支援機関名

茨木商工会議所