HOME ⁄ 大阪の起業家 ⁄ 全国1059の道の駅から地方創生、道の駅総合プラットフォーム『みちグル』の運営

大阪の起業家

全国1059の道の駅から地方創生、道の駅総合プラットフォーム『みちグル』の運営

2015/07/09

株式会社XS 代表取締役

柴田 敬介氏

全国1059ある道の駅では、2013年には年間5億人が来場し、前々年比2.3倍と注目度は急上昇中です。
しかし、インターネット対応の遅れなどから、まだまだそのポテンシャルを十分に発揮出来ていないのが現状です。

そこで、私たちは、道の駅のクチコミ情報サイト「みちグル」を立ち上げ、リアルな情報を発信するとともに、道の駅限定のインターネットショッピングモールの運営により、実際に道の駅の商品を召し上がっていただくことで、地方の良さをアピールするお手伝いをしています。

また、全国の道の駅を取材していく中で成功事例、失敗事例を収集しており、ノウハウを蓄積。道の駅での店舗運営サポートを依頼されるようになりました。
道の駅がどのようにすれば、繁盛するのかをこの目で見た情報をもとに、的確なアドバイスを行っています。

さらに、全国の道の駅との強固な繋がりにより、地方でプロモーションを行いたい企業と道の駅を繋げることで、今までにないPR手段を提供しています。

このように私たちは、道の駅と利用者、企業を繋ぐプラットフォームとしての役割を担っており、今後、道の駅を盛り上げていくことで、地方、日本の経済活性化に資する存在になっていきます。

まだまだちいさな存在ではありますが、全力で事業に取り組んでいます。

HPURL:http://xs-jp.com
サービスURL:http://michiguru.com

大阪起業家スタートアッパービジネスプランコンテスト受賞プラン

全国1059の道の駅から地方創生、道の駅総合プラットフォーム『みちグル』

アスクル賞

全国1059ある道の駅では、2013年には年間5億人が来場し、前々年比2.3倍と注目度は急上昇中です。しかし、インターネット対応の遅れなどから、まだまだそのポテンシャルを十分に発揮出来ていないのが現状です。そこで、私たちは、道の駅のクチコミ情報サイト『みちグル』を立ち上げ、リアルな情報を発信するとともに、道の駅限定のインターネットショッピングモールの運営により、実際に道の駅の商品を召し上がっていただくことで、地方の良さをアピールするお手伝いをしています。
今後、道の駅を盛り上げていくことで、地方、日本の経済活性化に資する存在になっていきます。

起業家紹介

柴田 敬介(しばた けいすけ)

株式会社XS 代表取締役

平成20年、京都工芸繊維大学 造形工学科卒
同年、日興コーディアル証券(現 SMBC日興証券)入社。
平成27年、同社 退職
同年、株式会社XS創業

起業のきっかけ

前職は証券会社勤務で、現在のビジネスとの関わりが無いように見えますが、実は道の駅のビジネスを考えたのは証券時代の経験がきっかけになっています。
当時のお客様で農家の方がおられ、工夫した農産物を生産しているにも関わらず、利益がでないことの相談を受けました。農家と消費者をうまく繋ぐことで、よい農産物が正しく評価される仕組みはできないものかと考えている時、道の駅で農家の方が持参した不揃いな野菜が飛ぶように売れているのを見かけました。
消費者は新鮮で「顔」の見える野菜をスーパーより安価で購入でき、農家の方々は市場に出すよりも高い値段で販売出来る。さらに自分のつくった野菜が売れる喜びも感じられる。これはすばらしい仕組みだと心が揺さぶられました。
しかし、こんなにすばらしい仕組みであるにも関わらず、まだまだその潜在能力を発揮出来ていないことに気付きました。
そこで、私たちは、道の駅のサポートを通じて、農家の方々に新たな販売チャネルを提供出来るのではと考え、道の駅のプラットフォーム事業を始めることにしました。

 

起業までの道のり

学生の頃から「起業したい」「自分で何かを成し遂げたい」という思いが強くあったものの、何をすればいいのか、当時には全くわかりませんでした。
そこで、様々な経営者と対等に話ができ、事業に必要な営業力の身に付く証券会社を選びました。5年間で知識を身につけ、起業すると心に決め、実際に5年と3ヶ月で退職し、起業。
起業当初は何から手を付けてよいのかさっぱりわからず、五里霧中でしたが、全力でもがいているうち、サポートしていただける方にも恵まれ、少しずつですが事業が形になってきました。

 

今後の思い

私たちはまだまだ小さな存在です。ですが、コツコツ地道に行動し続けることで、いつか、大きな変化もたらす存在になっていけよう、尽力して参ります。

 

支援機関名

フューチャーベンチャーキャピタル 株式会社