HOME ⁄ 大阪の起業家 ⁄ 紙帳票をFAXして1週間でオリジナルシステムが手に入る月額サービス『Pro-Manager』

大阪の起業家

紙帳票をFAXして1週間でオリジナルシステムが手に入る月額サービス『Pro-Manager』

2017/07/12

株式会社Mountain Gorilla 代表取締役

井口 一輝氏

製造・建築・建設の中小企業を中心にスモールスタートで始めるIT/IoT導入を推奨しながら、ソフト~ハードウェアまでの全て設計を社内完結できる技術力で、各社にマッチした幅広いソリューションを提供しています。

 

HP:http://www.mountain-gorilla.co.jp/

 

起業家紹介

井口 一輝(いぐち かずき)

1979年和歌山市生まれ。

色々なモノを分解したり、人とは違った拘りのモノ(例えば、光輝く陶器の様な土団子)をひたすら作ったりして遊ぶ幼少期を過ごしました。

2003~05年:近畿大学大学院(修士・工学):
携帯基地局向けのデバイス開発に超電導の研究者として携わりました。大学時代は遊びまわっていましたが、大学院時代は研究者生活を満喫しました。*超電導学会若手研究者優秀賞受賞

2005~14年:デンソーテクノ株式会社:
RFID端末、産業用ロボット、HEMS、スマートアグリ等の開発に電子回路技術者として携わりました。仕事・仲間にも恵まれて、サラリーマン生活が楽しくて仕方ない感じでした。*優秀社員受賞

2014年11月 株式会社Mountain Gorilla創業 代表取締役

 

起業のきっかけ

大企業で沢山の人が使う製品の開発に携わってきましたが、仕事をすればするほど「技術で人を笑顔に変える取り組みをお客さまのもっと近くでやってみたい」という思いが強くなり、大きなプロジェクトが終わるタイミングで起業を決意しました。

起業までの道のり

モノづくりが好きで、松下幸之助、稲盛和夫の様な起業家に憧れながらも、安定な自動車業界の企業に就職を決めました。
就職後は仕事や仲間にも恵まれ、「起業したい」という想いすら薄れてしまうほどに。しかし、自分の仕事が認められれば認められるほど、エンジニアの最前線からリーダーとして人をまとめる立場を求められる変化も感じていました。
そんな時、「起業家に憧れていた自分とエンジニアの仕事が好きな自分、加えてリーダーとして人をまとめる自分、この3つの自分を持てている今なら起業できるんじゃないか?」と発想する事で起業への道が開けました。

 

今後の思い

IT技術でお客様のお役立ちする事を会社の中心に据えた経営をしていきたいと思います。
その中でエンジニアの「いいものを作りたい」という欲求をくすぶる様な仕組みを整えながら、作る人・使う人と共に永く喜んで貰える様な商品・サービスを展開していきたいと考えています。

 

支援機関名

公益財団法人大阪市都市型産業振興センター