HOME ⁄ 大阪の起業家 ⁄ 敏感肌女性の救世主!肌に合わない化粧品がわかるアプリサービス『ポーテ』

大阪の起業家

敏感肌女性の救世主!肌に合わない化粧品がわかるアプリサービス『ポーテ』

2017/07/11

ペッシェ株式会社 代表取締役

米田 大介氏

肌が弱く、ヒリヒリや腫れるなどの肌トラブルが起こることを心配し、化粧品選びに悩みを抱えている方が多いことを感じ、肌に合わない化粧品が事前にわかるスマホアプリ「ポーテ」を産学連携で開発しました。
この産学連携で利用した4万件の化粧品の全成分情報データベースは、約2年もの時間を費やして構築した、弊社だけのオリジナルなデータベースになります。
接触性皮膚炎は、「原因となる物質を避ける」が重要なポイントとなりますので、このサービスは原因物質の解析と、その物質が含まれている商品がわかるようになります。
今までは、肌トラブルが心配でなかなか化粧品を楽しく選ぶことが出来なかった方々が、ストレスなく化粧品を選べる世界をめざします!

 

HP: http://www.peaute.com/

起業家紹介

米田 大介(コメダ ダイスケ) ペッシェ株式会社 代表取締役
1975年10月生まれ 奈良県在住
前職のIT企業に勤めて10年たった頃、業績不振が原因で現在の会社に転職。
2015年9月より同社の代表取締役に就任。
2016年3月「大阪府による経営革新計画の承認」を獲得
2016年8月「だいしん創業支援ファンド」から出資
2016年10月「おおさか地域創造ファンド」に採択

 

起業のきっかけ

ヘルスケア分野で自分が持っている技術を生かせる何か新しい事業を考えていたところ、街中の化粧品メーカーのポスターが目にとまりました。女性にとって化粧は日常的に行うものであり、化粧品による肌トラブルが起こっている現実も認知しておりました。
実際に敏感肌の方にヒアリングを行ったところ、肌トラブル経験がある女性にとっては、「仕事で毎日化粧を行わないといけないのに、肌に合う化粧品を選ぶことが大変困難な状況」であることが確認できました。
このような事から、化粧品選びでのストレスを抱えている方も多いかと思いこの事業を本格的に行うことになりました。

起業までの道のり

決算書の読み方がわからない、会社の数字がどうなったら危ないのかもわからない、からスタートし、色々な公的機関のサポートを活用させていただきました。次第に会社運営について理解できるようになり、事業をスタートさせるために必要なネットワークの構築を行いました。
今では色々な方々の応援を頂けるように進捗しましたが、当初は怖いもの知らずで見切り発車できたなと自分でも感心しています。

今後の思い

「このアプリを利用してもらうことにより少しでも不安が減ることを期待!」
肌が弱く、使ってみたい化粧品になかなかチャレンジできない人が、普通の人と同じようにお化粧を楽しめるようになればと思います。また、データを積極活用し新たな学術研究などに活用することにより、より豊かな未来が実現できるように事業を成長させていきます。

支援機関名

大阪信用金庫