HOME ⁄ 大阪の起業家 ⁄ 日本で暮らす外国人アスリートたちの生活不安を払しょくし、多文化共生社会に貢献するコンプライアンスセミナー事業の展開

大阪の起業家

日本で暮らす外国人アスリートたちの生活不安を払しょくし、多文化共生社会に貢献するコンプライアンスセミナー事業の展開

2021/07/30

株式会社Pink Rose 代表取締役

廣瀬 みゆき氏

私たちは、外国人アスリートや外国人個人事業主に対し、記帳代行を主とした会計サポートのサービスを行ってきましたが、彼らにとって日本の社会制度の仕組みを理解することは難しく、税務申告、健康保険、国民年金など様々なことが障壁になっていると感じています。しかし、これらのことを体系的に英語で説明できるサービスがほとんどない状況です。会計サポートをしてきた中で個別に対応してきた今までの経験と知識を体系化し、「外国人移住者向けコンプライアンス研修(セミナー)」サービスを提供します。外国人を雇用するスポーツチームや企業と連携し、入国間もない外国人に対し社会の制度やルールを学べる場を提供することで、不安なく日本でビジネスや生活を送ることができる環境の整備を行っていきます。

株式会社Pink Rose
外国人レジデンスサービスコンシェルジュ
HP:https://www.pinkrose.co.jp/

起業家紹介

2017年4月 Pink Rose創業
2017年7月 大阪国際大学TOEIC講座講師
2017年12月  京都府商工観光部主催 観光関連産業就職支援 英語研修講師
2018年7月 ガーナ大使館と滋賀県の国際交流 ガーナ大使参事官通訳
2019年5月 株式会社Pink Rose設立
2020年5月 経済産業省 小規模事業者持続化補助金事業採択
2021年6月 経済産業省 事業再構築促進補助金事業採択

起業のきっかけ

20代の頃、国際交流のテニスサークルで出会った外国の友人たちは、大好きな日本であっても日本の生活での様々な障壁にぶつかり、2年程度で自分の国に帰っていきました。なぜ住みたい国に住み続けることができないのか?そんな疑問を感じていました。
外国人への差別や偏見もたくさん目の当たりにしました。悔しく悲しい気持ちで、何もできない自分が情けなく、いつかきっと外国人も日本人も一緒に仲良く暮らせる社会をつくりたいと思っていました。

起業までの道のり

フリーランスで英語の教師や通訳を生業にするようになり、法人化を考えていた頃、 偶然にも知人からNTTドコモレッドハリケーンズの外国人ラグビー選手達を紹介され、彼らの会計記帳代行と税理士や税務署の間に立ってお世話をする仕事を頼まれることになりました。それには、NTTドコモと法人契約する必要があったことがきっかけで、法人化を果たしました。私の英語力と私自身の海外生活で得た経験をもとに、外国人の方々の役に立つ仕事をしていくと心に決め、今に至っております。

今後の思い

社名である「ピンクローズ」の花言葉は、『感謝』『温かい心』『可愛らしさ』です。
国籍や人種に関係なく、日本に滞在している外国人と日本人を温かい心の輪でつないでいきたい。日本が素晴らしい国であると魅力的に感じてもらい、私達日本人も自分たちの国に対して、誇りを持てるような社会作りを応援したいと思っております。

SDGsの目標16 「平和と公正をすべての人に」を実現
外国人だけに良いサービスなのではなく、一緒に経済活動を行う日本の企業や社会にとってもいいと思われるサービスを提供し、社会の仕組みそのものの変化にも影響が及ぶような「新しい価値」を生みだしていきたいと考えています。

「経営理念」
*英語を通して世界中の人々の心をつなぐ架け橋になります
*わくわくする学びと楽しさを提供し、可能性を追求することに挑戦します
*国籍や人種に関係なく、協力しながら共に生きていける社会づくりに貢献します

支援機関名

学校法人エール学園