HOME ⁄ 大阪の起業家 ⁄ インバウンド(訪日外国人旅行者)に対するプロモーションプラットフォーム『pukka』の提供

大阪の起業家

インバウンド(訪日外国人旅行者)に対するプロモーションプラットフォーム『pukka』の提供

2015/07/06

quatre株式会社 代表取締役社長

横町 享之氏

2014年、240万人訪日した中国人観光客を中心にインバウンド(訪日外国人旅行者)が盛んになり、話題を集めています。しかしながら、化粧品・サニタリー業界への影響は非常に大きい傍ら、プロモーションにおけるプラットフォームが存在せず、ナショナルブランド以外は購入検討のステージにすら乗ることができないのが現状です。弊社は、海外展開のキッカケを創出するべく、インバウンド需要に対するプラットフォームを構築し、リアルプロモーションと越境ECサイト「pukka」を提供していきます。そして、海外消費者との架け橋となるべく、事業を展開していきます。

 

起業家紹介

横町 享之(よこまち たかゆき)

1985年7月11日生まれ。ル・トーア東亜美容専門学校卒業。

美容師を志したものの、腰痛悪化により美容師を夢半ばにて断念。 エステ経営会社に入社。広報担当を経て、美容室新規立ち上げを担当。その後、 株式会社ぐるなびに入社。700社以上の飲食店クライアントと大阪のホテルを担当。その後、2013年化粧品クチコミサイト「@cosme」を運営する株式会社アイスタイルに入社。  今までの経験を活かしながら、これからのインバウンド向けニーズに対応すべくビジネスに挑戦したいとの思いから、2014年12月、起業しquatre株式会社を設立。2015年4月にアイスタイルを退社し、quatreに専念。

 

起業のきっかけ

元々手に職を付けて仕事をしたかったという思いもあり、20代前半からの目標だった起業を実現するため、最後のサラリーマン期間を1年半と決めて退職、起業。

起業までの道のり

美容師をやっていたこともあり、起業するなら美容に携わる業界で!と決めていた時期に、アイスタイルへの転職機会をいただいた。とはいえ、起業のためのステップとして就職したため、1年半と期限を決め、その中でビジネスプランや人脈を構築し、起業に至った。

今後の思い

弊社が手がける本事業により、国内化粧品メーカーすべてが海外消費者とつながりを持ち、世界へ展開ができるようにサービスを提供していきます!

支援機関名

株式会社サンブリッジグローバルベンチャーズ