HOME ⁄ 大阪の起業家 ⁄ 密を作らず化学プラントの生産性を向上!LPWAを用いたIoTプラント監視システム

大阪の起業家

密を作らず化学プラントの生産性を向上!LPWAを用いたIoTプラント監視システム

2020/10/19

株式会社泉州村上技術士事務所 代表取締役

村上 和之氏

コロナ禍の中、化学産業においても、感染防止を行いながら生産性を向上させるという新たなニーズが生まれています。本事業では、自社開発の導入コストの低いIoTプラント監視システムの提供を通して、化学プラントで働く運転員の日常点検削減と、化学産業のDX化促進をめざしています。密集を避けるために出勤率を下げている現状においても、これまで以上に効率的に働ける環境を実現し、化学プラントの生産性向上に貢献します!

事業内容
・化学プラントの設計、及び設備に関するコンサルティング
・化学プラントのDX化支援業務
・IoTプラント監視システムの開発

HP:http://smpef.com

起業家紹介

大学院(化学工学修士)を卒業後、化学メーカーに勤務し、日米でプラントエンジニアリング業務に従事
その後、化学プラントのスマートファクトリー化を実現すべく、北米での技術調査・導入業務に従事
2020年6月に化学メーカーを退職し、2020年8月に株式会社泉州村上技術士事務所を設立

起業のきっかけ

大学院時代に受けたMOT(技術経営)の授業で行ったビジネスプラン作成で将来の起業を考え始めました。

起業までの道のり

スマートファクトリーの調査の仕事の中で、AI/IoT等の新しい技術に出会い、化学産業の新しい可能性を模索し始めました。しかしながら、調査業務の中では求めているサービスが見つかりませんでした。
そこで本当に化学産業の人が求めているサービスを自分で作ろうと決意し、起業しました。

今後の思い

「化学プラントをもっと便利にする」というコンセプトを持って起業しました。
これまで培った経験を強みとして、化学産業で働く人に寄り添ったサービスを提供し、より働きやすい化学プラントを実現させていきます。

支援機関名

株式会社さかい新事業創造センター